イベントページの公開時期の適切なタイミングとは? 計画的なイベント集客のポイント | 主催者ガイド Peatix University

Home » Peatix University » ノウハウ » イベントページの公開時期の適切なタイミングとは? 計画的なイベント集客のポイント

計画的なイベント集客のポイントカバー画像

イベントページの公開時期の適切なタイミングとは? 計画的なイベント集客のポイント

公開日:2024/01/23

最終更新:2024/01/23

イベント開催において、集客施策を計画的に実施することは欠かせません。

今回は、計画的なイベント集客について解説します。

 

目次

イベントページの公開時期

イベント申し込みの波

時期にあわせた計画的な集客のポイント

 

イベントページの公開時期

イベントの集客は、適度に時間をかけながらイベント情報を浸透させていくことが重要です。

会場開催イベントの場合、できればイベント開催日の1ヶ月半前、遅くても1ヶ月前にはイベントページを公開しましょう。

オンラインイベントの場合は、会場開催イベントと比べると参加者が比較的都合を合わせやすいため、告知期間が短くても集客がうまくいく傾向があります。イベント開催日の2週間前あたりまでにイベントページを公開しましょう。

逆にイベントページの公開からイベント開催日まで期間が長すぎると、参加を検討している人に時間的余裕が生まれ、イベントの存在を忘れてしまうことがあるので注意が必要です。

 

イベント申し込みの波

①公開申込期(公開〜1週間後)

イベントに強く興味を持った人が申し込む時期です。過去に主催した類似イベントへの参加者などが中心となります。

 

②申込停滞期(公開後2〜4週間)

申し込みが少ない時期です。なかなか人数が増えず、主催者に焦りが出てくる時期でもあります。

 

③申込加速期(開催日直前1週間)

開催まで残り1週間になると参加を検討していた人のスケジュールが確定するため、申し込みが一気に増える時期となります。

 

▼イベント申し込み時期と申し込み数

※ピーティックスで実施されたビジネスイベントの実績より

イベント申し込み時期と申し込み数画像

 

時期に合わせた計画的な集客のポイント

①公開申込期(公開〜1週間後)

過去に開催した類似イベントに参加した人やSNSのフォロワーなど、関係が深い人たちへの告知が効果的です。できる限りこの時期に既存顧客を申し込みにつなげることを意識しましょう。

 

<発信内容>

「伝わりやすいか」、「信頼できるか」などの観点で、公開したイベントページの内容を確認してみましょう。「どのような思いで企画したイベントであるか」などを書き添えることも効果的です。

参考ページ:イベント集客のコツ、押さえるべき10箇条

 

【フォロワーの活用】

ピーティックスで公開されたイベントに参加した人の多くは、グループのフォロワーとなり、イベント公開のタイミングにメールでイベント情報がお知らせされます。

イベント開催を繰り返すほどフォロワーが増えるため、イベント公開直後の申込数アップを期待できます。

関連ページ:フォロワーへイベントのお知らせメールは送信されますか?

 

==================================================

 

②申込停滞期(公開後2〜4週間)

じっくりイベント情報を発信し続けることや、興味を持ちそうな人たちの目に留まる場所へ告知することが重要です。

最低でも1週間に1回は情報を発信するように心がけ、参加検討中の人たちに対してイベントの存在を忘れないように告知し続けましょう。

 

<発信内容>

講師との打ち合わせやイベント会場の下見、ケータリングの検討、資料準備など、イベント当日を迎えるにあたって準備されていることを写真を添えて積極的に投稿してみてください。

 

【集客サービスの活用】

申込停滞期には、集客サービスを活用するのも1つの手段です。

ピーティックスでイベントを一般公開すると検索結果一覧に表示されるため、費用をかけず参加に意欲的な人たちへの告知ができます。

さらに、主催するイベントのテーマと同じものに参加したことがある人をターゲティングして告知できる「検索カテゴリー上位掲載」や「イベント紹介メール」などの有料集客サービスもご用意しています。

 

==================================================

 

③申込加速期(開催日直前1週間)

参加検討者の申し込みを促すために、一気に集客を加速させましょう。イベントの情報が多く目に留まることが、参加申し込みへのモチベーションにつながります。

 

<発信内容>

最終準備をしている様子や、登壇者がいる場合はその登壇者からのメッセージを掲載してみましょう。可能であれば登壇者側からも告知(もしくは投稿をシェア)してもらえるようお願いしてみることも大事な施策です。

 

【当日までが集客のチャンス】

オンラインイベントは、最も販売が伸びる日がイベント当日というデータがあるため、当日まで根気よく告知を続けましょう。

ピーティックスでは、イベント開催当日の開始時刻までチケットを販売できる初期設定となっています。さらに販売期限を伸ばすこともできるため、終了時間まで伸ばすことで当日の申し込みを受け入れることもできます。

関連ページ:販売期限を変更する

チケット販売推移画像

2021年 オンラインイベントに関する調査 (当社調べ)より