【事例あり】イベントの種類って何がある? 最適なイベント形式を考えよう | 主催者ガイド Peatix University

Peatix University ノウハウ 【事例あり】イベントの種類って何がある? 最適なイベント形式を考えよう

イベント形式カバー画像

【事例あり】イベントの種類って何がある? 最適なイベント形式を考えよう

公開日:2024/02/29

最終更新:2024/02/29

イベントを主催してみたいと思った時、どんな形式で開催するべきか悩んでいませんか?

イベントを企画する上では、まず様々なイベントの種類を知り、自分が考えているイベントがどの形式に合うか考えることが大切です。

今回は、各イベント形式の概要とともに、実際に開催されているイベントの事例を紹介します。

 

目次

カンファレンス

セミナー

ワークショップ

交流会

ツアー

まとめ

 

カンファレンス

専門家や業界関係者が集まり、特定のテーマに焦点を当てながら知識や情報を共有するイベントです。参加人数が多い大規模なイベントがこの形式にあたります。

1つのカンファレンス内で複数の講演やパネルディスカッションなどが用意され、各セッションで専門家が最新の動向や研究成果を紹介します。

参加者は一度に多くのビジネス機会や協業の可能性を発見することができ、業界内での認知向上も期待できます。

▼ピーティックスで開催予定の「カンファレンス」イベントの事例を見る

カンファレンス画像

 

セミナー

講師が登壇し、参加者に対して特定のテーマに関する知識や情報を提供するイベントです。企業が開催するセミナーでは、見込み顧客(リード)の獲得を目的として行われる場合もあります。

前述のカンファレンスはイベント内で複数のセッションが開催されますが、セミナーでは単独のセッションのみで開催されることが多いです。

参加者は、講演内容を通じて知識を習得できるとともに、質疑応答の時間があれば講師に直接質問もできます。

近年はオンラインでの開催も活発であり、セミナーの様子を録画した「アーカイブ動画」を配信する形式も人気です。

▼ピーティックスで開催予定の「セミナー」イベントの事例を見る

セミナー画像

 

ワークショップ

参加者に対して実践的なスキルを提供するイベントです。具体的なテーマに焦点を当て、参加者に能動的に体験してもらうことが特徴です。

講師や他の参加者から直接フィードバックを受けることができ、参加者は対話を通じて深い理解や新たな視点を得ることができます。

参加者同士の交流も促進されるため、チームビルディングなどにも活用できます。

▼ピーティックスで開催予定の「ワークショップ」イベントの事例を見る

ワークショップ画像

 

交流会

参加者同士が気軽に交流する場を提供するイベントです。カジュアルな雰囲気で行われ、自由に会話や情報交換を楽しむことができます。カンファレンスやセミナーの後半に行われることも多いです。

アイスブレイキングやテーマを指定した対話などを導入することで、参加者は自然な形でコミュニケーションをとりながら共感や協力関係を築くことができます。

参加人数に関わらず様々な規模で開催されており、異なるバックグラウンドを持つ人々がつながる場として活用されています。

▼ピーティックスで開催予定の「交流会」イベントの事例を見る

交流会画像

 

ツアー

特定の地域やテーマに焦点を当て、参加者が実際にその場を訪れて体験を共有するイベントです。専門ガイドが案内役として参加し、歴史的な名所や文化的なスポット、自然環境などを紹介します。

参加者は実際に現地でリアルな体験を行えるとともに、他の参加者との親睦を深めながら共通の興味を共有できます。

近年はオンラインで海外や国内の地方都市の様子を紹介するオンラインツアーも盛んに行われています。

▼ピーティックスで開催予定の「ツアー」イベントの事例を見る

ツアー画像

 

まとめ

イベントには様々な開催形式があります。まずは自分が企画したいイベントの内容に照し合わせながら、どの形式が合っているか検討してみましょう。

ピーティックスには、常時多様なイベントが掲載されています。キーワード検索機能を利用して、検討している開催形式やテーマではどのようなイベントが行われているのか、具体的な事例を調べて参考にしてみましょう。

検索画面

参考ページ:イベントを検索する