ぴったりなカテゴリーを選ぼう | 主催者ガイド Peatix University

Peatix University ノウハウ ぴったりなカテゴリーを選ぼう

カテゴリー記事カバー画像

ぴったりなカテゴリーを選ぼう

公開日:2023/10/05

最終更新:2023/10/05

Peatixではイベントページの作成時、「カテゴリー」を設定できます。

カテゴリーを設定すると、イベントの趣旨が分かりやすくなります。さらに、公開範囲を「一般公開」にすると、Peatixのおすすめイベントメールや検索画面、各イベントページ下の関連イベント欄に掲載されます。

今回は、カテゴリー設定のコツを解説します。

 

目次

カテゴリーの種類

カテゴリー設定時のポイント

カテゴリーの設定方法

 

カテゴリーの種類

「メインカテゴリー」から1つ、「サブカテゴリー」から最大5つのカテゴリーを設定できます。

現在、メインカテゴリーは23、サブカテゴリーは400以上存在しています。

サブカテゴリーはメインカテゴリーをより細分化したものであり、参加者はイベントページに設定されているサブカテゴリーをクリックし、似たようなイベントを検索できます。

カテゴリ選択画面

 

カテゴリー設定のポイント

カテゴリーは、”参加者目線”で設定するように心掛けましょう。

例えば、採用に関するイベントにおいて、採用する人(担当者)を集めたい場合は「人事/人材開発」や「経営マネジメント」などのメインカテゴリーを設定します。

逆に、採用される人(求職者)を集めたい場合は、「働き方/キャリア」や「ライフデザイン/生き方」等で設定すると良いでしょう。イベントのターゲットとなる参加者がどんなキーワードを思い浮かべるのか想像しながら、カテゴリーを設定してみましょう。

以下のページではメインカテゴリーごとのイベント事例を紹介しているので、カテゴリー設定時の参考にしてみてください。

関連ページ:イベント・コミュニティ事例

カテゴリ事例画像

※有料集客サービス「カテゴリー/関連イベント上位掲載」や「イベント紹介メール」をご利用の場合、適切なカテゴリーを設定することで、そのカテゴリーに興味のある参加者へダイレクトに情報を届けられるため、より効果的にサービスを活用いただけます。

 

カテゴリーの設定方法

イベント作成時のイベントプレビューページで「カテゴリーを設定して公開」ボタンをクリックすると、カテゴリーを設定するページが開くので、まずはイベントのジャンルを示すメインカテゴリーを1つ選択します。

カテゴリー設定方法画像

 

メインカテゴリーを選択後、画面下部の「サブカテゴリー選択に進む」をクリックし、サブカテゴリーを最大5つまで選択します。

検索を通じてより多くの人の目に留めてもらうためには、できるだけ多くのキーワードに引っかかる必要があります。イベントにふさわしいキーワードを思い浮かべながら、サブカテゴリーはしっかり5つ設定してみましょう。

なお、サブカテゴリーは400以上存在するので、提示される候補から選択するだけでなく、検索窓から検索して自由に選ぶこともできます。よりふさわしいサブカテゴリーを設定するために、ぜひ検索窓も活用してみてください。

サブカテゴリー検索窓画像

 

カテゴリーの詳しい設定方法については、イベントにカテゴリーを設定して公開するをご参照ください。

なお、サブカテゴリーは、イベントページ公開後に設定することも可能です。

関連ヘルプ:設定したカテゴリーを変更できますか?

 

適切なカテゴリーを選択することで、より多くの人にイベントの情報を届け、集客を見込むことができます。ぜひ参考にしてみてください。