日経電子版と
日経ビジネス電子版セットが

5月末まで無料

いつでも解約OK

※無料期間中に解約手続きを取らない場合自動更新され通常料金が課金されます。
※新聞購読料は対象外です。

春割キャンペーンは終了しました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

日経ビジネス電子版

3つのポイント

Point 1

雑誌7年分をいつでも読める

雑誌7年分(350冊)以上の記事がすべて参照できます。
「あの企業の3年前の経営戦略転換の真相を知りたい」など急な“知りたい”にお応えします。

Point 2

動画で学ぶゼミナール

カリスマの経営論やフレームワークを動画やテキストで学べます。
講師はソニー平井一夫会長、ツイッター創業者ジャック・ドーシー氏など総勢30名以上登場!
身についたビジネス力はチャートで確認できます。

Point 3

日経ビジネスRaiseで議論

これまでカルビー、パナソニック、ANAなど名だたる企業が参加。
新しくなったRaiseでも読者、著名企業、有識者、日経ビジネス編集部がオンラインに一堂に集結して、様々なテーマで議論します。

日経ビジネス電子版

3つのポイント

Point 1

記事数が紙の3倍以上1日約1,000本

日経新聞の朝刊・夕刊の掲載記事に加え、電子版オリジナル記事を幅広く提供。
新聞だけでは手に入らない速報やニュースの解説、専門情報も幅広くご用意。仕事から暮らし、投資まで日経独自の情報をお届けします。

Point 2

PC/スマホ/タブレットに対応

日経電子版は、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末でも利用できます。 お使いのモバイル端末で快適に閲覧できるようウェブサイトとアプリを用意しています。

Point 3

興味のある記事のみ集める機能が豊富

日経電子版は、欲しい情報にたどり着くための検索機能が充実。「気になるテーマに関連する記事をまとめ読みしたい」「有望な投資先を探したい」「取引先の重要人事を知りたい」といったさまざまな要望にすばやく応えます。

日経電子版+日経ビジネス電子版のセット6,050円/月

日経電子版+日経ビジネス電子版のセット

日経電子版+日経ビジネス電子版のセット 7,750円/月※1

日経電子版+日経ビジネス電子版のセット

※1: 一部地域では通常価格6,850円のところ春割で4,000円となります。

注意事項

[キャンペーン申し込み締切]
2019年5月10日(日本時間)まで

  • 春割キャンペーン(以下「本キャンペーン」)は、2019年3月25日から2019年5月10日(日本時間、以下同じ)までに新規に日経電子版、日経Wまたは日経ビジネス電子版セットをお申し込みされた方に適用されます。
  • 次の場合は本キャンペーンにお申し込みいただいても対象になりません。
    1. 本キャンペーンお申し込み時点で日経電子版、日経Wプラン、日経ビジネス電子版セットをご購読されている場合
    2. 現在、日本経済新聞(宅配)を購読中の方が日経電子版に変更された場合
  • 割引対象は、電子版部分の料金です。
  • 本キャンペーンによる割引期間終了日(2019年3月25日から4月30日までにお申し込みいただいた方は2019年5月末日、2019年5月1日から5月10日までにお申し込みいただいた方は2019年6月末日)までに解約手続がとられなかった場合は、割引期間終了翌月以降もご購読契約が自動的に継続します。割引期間終了翌月からは通常の料金が適用されます。
  • すでに日経電子版に関する他の割引キャンペーンにお申し込みの方には本キャンペーンは適用されません。
  • 海外にお住まいの方は、日経Wプランにお申し込みいただくことができません(日経電子版、日経ビジネス電子版セットのお申し込みは可能です)。
  • 本キャンペーンにお申し込みいただいた方に対してアンケート等の目的でメールをお送りする場合があります。ご了承ください